活動報告

 HOME   活動報告  プールだより ~28年度 年長組・2学期~

プールだより ~27年度 年長組・2学期~

寒さも本格的になり、今年も残りわずかとなりました。年長正課プールも12月16日をもちまして2学期は終了致しました。マーチングや運動会など行事が多く忙しい時期ではありましたが、お休みする子も少なくたくさん練習を頑張ってくれました。2学期は3つのレベルに分かれて練習を行ってきました。
各グループの練習内容や子どもたちの様子を少しお伝えさせて頂きます。

板けのび・けのびのクラス

アップでお水かけや貝拾い、ボビングを行い、水慣れを多く取り入れながら板けのび・けのびの練習をしていきました。浮く練習では最初は体に力が入らない様に、また恐怖心を持たないように赤台をすべり台にして腹ばいになって足から滑ったり、すべり台に向かってビューンと泳いだりしていきました。そこから赤台のない所を一人でスーパーマンで浮く練習に繋げていき、「顔をつけてから、赤台をける」などポイントを伝えて重点的に出来るように練習を行ってきました。
初めは赤台のない所が怖いという子もいましたが、少しずつ補助を減らしていき、一人で浮けるようになってきました。

ビート板キックのクラス

アップでボビングやけのびの復習を行ってから、キックの練習に入っていきます。
プールサイドに座って足首に力を入れずに足を動かす練習をして、赤台2段の上に座って行う腰かけキックでも同じように足首に力が入らないようにしていきました。その後赤台2段にうつ伏せになり、足を上下に動かす練習を行います。力の抜き方や、上下の動かし方が難しくて戸惑っている子もいましたがみんな一生懸命取り組んでいました。そしてヘルパーをつけて実際にキックをして前に進む練習をしました。赤台の上とは違い、浮きながらキックする事で体のバランスが不安定になり上手く進めない子もいましたが、少しずつ感覚を掴んで、進めるようになってきています。

上のクラス

正課テストでビート板キック以上を合格したお友達が練習しているクラスです。アップではボビングやビート板キックを行い、体をほぐしてから練習に入っていきます。

けのびキック、背面キック

キックの基礎を見ていきながら今度はビート板なしで顔をしまったまま7m泳げる様にしていきます。けのびキックでは呼吸をしないでキックして泳ぐ事に苦戦する子もいましたが、少しずつ泳げる距離も伸びてきました。背面キックでは上を向いてキックをするため、体に力が入ってしまったり、姿勢も崩れやすいので、ビート板やヘルパーを使ってたくさん練習をしました。

背泳ぎ

背泳ぎは両手を交互に動かせる様に、また手のひらの向きなどに注意して、ポイントに分けながら練習を行いました。上向きでキックするバックキックの練習も行い、姿勢が下がらない様にしていきました。手のかきとキックを合わせて泳ぐのは、初めは難しそうでしたが、しっかりとポイントに注意しながら練習していきました。

面かぶりクロール、クロール

面かぶりクロールでは手でしっかり水を押せるように手のかき方から練習をしていきました。その後キックしながら手を回す練習に入っていきます。クロールでは呼吸も入ってくるので、タイミングや呼吸の向きなどの基礎もたくさん練習してきました。





二学期もたくさん練習をがんばってくれました!
三学期には、幼稚園最後のテストもあります。体調を崩しやすい時期になってきますが、練習も残り少ないので、お休みしないよう三学期も練習頑張りましょう!

無料体験レッスンお申し込み資料請求
 
ページのトップへ